状態変化と圧力・体積

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理想気体

理想気体においては、状態変化が起こらないため気体の状態で考えることができる。そのため、理想気体は次のグラフのようなふるまいをする(赤線は実在の気体のふるまい)。

理想気体

実在の気体

実在の気体においては状態変化が起こる。そのため、一部分は理想気体のふるまいに当てはまるが、状態変化が起こると著しく外れることになる。下図では温度を下げると途中から、液体、固体となり、理想気体とは異なったふるまいをしているのがわかる。

理想気体
 https://cnx.org/

 シャルルの法則においては、温度を下げると凝集が始まり、液体が発生する。液体が存在する条件下では、蒸気圧曲線に則って圧力が変化するため、理想気体とは異なる振る舞いとなる。

シャルルの法則
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*