アルデヒド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルデヒド

アルコールを酸化(2Hが取れる)するとCHO(アルデヒド基)を持つ物質が生成される。アルデヒド基を持つものをアルデヒドと呼ぶ。ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、プロピオンアルデヒドなどがある。

アルデヒド
アルデヒドの性質
  1. 共通して刺激臭を持つ。
  2. 還元作用があり、還元剤として使用される。自身は酸化されてカルボン酸となる。
  3. フェーリング液を還元する(フェーリング反応)。
  4. アンモニア性硝酸銀を還元して銀鏡反応を示す。
フェーリング反応

フェーリング液(Cu2+を含む)にアルデヒドを加えて熱すると、アルデヒドの還元性によってCu2+がCu+になる反応。最終的にCu2Oを生成する。蟻酸はアルデヒド基を有するが、フェーリング反応は示さない。

フェーリング液
左:フェーリング液A、中央:フェーリング液、右:酸化銅(Cu2O)http://ja.wikibooks.org/
銀鏡反応

アンモニア性硝酸銀水溶液のAg+が還元されて、Agとなり試験官側面に鏡のように析出する反応。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Jobeth より:

    I wish I was qualified to help you with this. I’m happy for you. I wish you the best and I hope your wedding and honeymoon are everything you ever dreamed th1y;#82e7&d be.

コメントを残す

*