ケトン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケトン

第2級アルコールが酸化されるとケトン基が形成され、ケトンとなる。ケトン基はカルボニル基の1つである。

カルボニル基

-C(=O)-の官能基をカルボニル基と呼ぶ。カルボニル基にはCHO(アルデヒド基)、COOH(カルボキシル基)、COO(エステル結合)なども含まれる。

カルボニル基
性質
  1. アルデヒドと異なり、還元作用は示さない(酸化しない)
  2. 第2級アルコールの酸化によって生成される。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*