エタノール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

構造式

エタノール

性質

  1. 無色
  2. 芳香の液体
  3. 沸点は78℃
  4. 酸化するとアセトアルデヒドを経て酢酸になる。
  5. 溶媒、燃料、薬品、酒の原料となる。
  6. ヨードホルム反応を示す。
ヨードホルム反応

ヨウ素とNaOHなどの塩基性水溶液と共に加熱すると、特異臭のする黄色沈殿物(CHI3)を生じる反応。次の構造を持っている物質が反応陽性を示す。つまり、エタノール、2-プロパノール、アセトアルデヒド、アセトンなどがあげられる。

ヨードホルム反応
Rは炭化水素基または水素原子http://kagakuimage.com/yodohorumu.html

ヨードホルム
右がヨードホルム(CHI3)http://blogs.yahoo.co.jp/canacana44/35042499.html

製法

アルコール発酵

グルコースを分解してエネルギーを得る反応である。二酸化炭素が生じる。

アルコール発酵
エチレンへの水付加

エチレンなどのアルケンは付加反応しやすい。

エチレン
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*