メタノール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

構造式

メタノール

性質

  1. 無色
  2. 芳香の液体
  3. 沸点は65℃
  4. 酸化するとホルムアルデヒドを経て蟻酸となる。
  5. 溶媒、燃料、薬品の原料となる。

製法

木材の乾留

メタノールは「木精(wood spirit)」といわれるように合成法以前は木材の乾留で得られる木酢中から生産された。
http://www3.scej.org/education/me_home.html

乾留(かんりゅう)とは、不揮発性固体有機物空気を断ったまま強熱して熱分解すると同時に、その分解生成物を揮発性有機化合物と不揮発性物質に分けることである。

空気を断つことによって自然発火を抑え、熱分解反応を進行させる。熱分解の結果、二酸化炭素可燃性ガス揮発性有機化合物などが生成して留出し、炭素や炭酸塩が残る。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%BE%E7%95%99

合成ガス
合成ガス(ごうせいガス、シンガス、syngas, synthesis gas)とは一酸化炭素と水素の混合ガスのことであり、C1化学における基本的な原料の1つである。合成ガスは石炭(この場合石炭ガス)や天然ガス、重質油、石油排ガス、オイルシェールバイオマスなどから作られる。また、廃プラスチックなどで合成ガス化して回収するという提案もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E6%88%90%E3%82%AC%E3%82%B9

メタノール

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*