化学のなぜ?を集めました

ギ酸は銀鏡反応を示すのに、フェーリング反応は示さないのはなぜ?

ギ酸はCu2+とキレート錯体を形成してしまうから

ギ酸カルボン酸でありながら、アルデヒド基を併せ持つ物質です。そのため、アルデヒドの性質である「還元性」を持っています。

photo by wikipedia.org

ギ酸は銀鏡反応を示しますが、フェーリング反応は示しません。なぜ還元性を持つのにフェーリング反応は起こさないのでしょうか。

ギ酸イオンはフェーリング液中のCu2+とはキレート錯体を形成し安定することが知られています。

キレート錯体とは?

キレート錯体とは、複数の配座をもつため、配位している物質から分離しにくい錯体です。

ギ酸イオンが錯体形成に使われてしまうと、反応するギ酸イオンが減少し、フェーリング反応が起こらなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です