気体の圧力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気体の圧力

気体分子が衝突して周囲に圧力をもたらす。分子数が多いほど圧力は高くなり、高温になればなるほど分子運動が盛んになり、圧力が高くなる。

水銀柱

圧力は水銀柱の高さによって測ることができる。大気圧1013hpaでは、水銀柱は760mmになる。

水銀柱

つまり、水銀柱の高さh(mm)を用いて以下のような式が立てられる。

大気圧(hpa) = 1013 × h / 760

トリチェリーの真空

水銀柱上部の真空の部分をトリチェリーの真空と呼ぶ。トリチェリーが発見した。

一方の端が閉じたガラス管に水銀を満たし、水銀を満たした皿にこれを立てると、水のときの約14分の1の約76 cmの高さにしかならず、それより上の部分は真空になることを発見した。水と水銀の密度の比も約1:14であることから、空気による圧力、大気圧によって液体が押されているのだ、という結論に達した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*