状態変化と熱量

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

状態変化

三態の変化にはそれぞれ名前が付けられている。

  • 気体→(凝縮)→液体→(凝固)→固体
  • 気体←(蒸発)←液体←(融解)←固体
  • 気体←(昇華)←固体
  • 気体→(昇華)→固体
状態変化

状態変化と熱量

状態変化には熱の移動が伴う。

融解熱

ある物質が1mol融解するのに必要な熱量。水の場合は6kJ/molである。

蒸発熱

ある物質が1mol蒸発するのに必要な熱量。水の場合は41kJ/molである。

熱量

物質ごとに1℃(Kでも良い)上昇するために必要なエネルギー(熱量)は測定されており、それを比熱と呼ぶ。ある物質の質量mグラムに熱量を加えて、t℃(Kでも良い)上昇した際m熱量は次の式で求めることができる。

Q = mct
Q(熱量J) = m(質量g)×c(比熱J/(g・k))×t(変化した温度k)

熱い量はまことで覚えると良い。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*