酸と塩基の指示薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

酸と塩基の指示薬とは

酸性、もしくは塩基性によって色が変化する物質がある。それらを酸と塩基の指示薬と呼ぶ。指示薬のpHの変色域は、それぞれ異なっている。中和滴定実験では、中和点付近でpHが急変する。そのため、中和点と変色域が合った指示薬を使用しなければならない。

メチルオレンジ

変色域:pH3.1赤色~pH4.4黄色

メチルオレンジ

メチルレッド

変色域:pH4.2赤色~pH6.2黄色

メチルレッド
フェノールフタレイン 

変色域:pH8.0赤色~pH.8黄色 

フェノールフタレイン
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*