水素イオン濃度pH

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

酸の強さを示すpH

pHとはH+の濃度がどれくらいあるか0~14の数字で示した値である。値が低ければ低いほど、H+の濃度は高く、酸性が強い。

pH
pH試験紙ではpHによって色合いが変化するhttp://drsircus.com/

pHは以下の式で求めることができる。

ph
http://www.google.com/

log10とは、10の何乗であるかという意味である。 

例題

[H+] = 1.0 × 10-2 

という濃度であったならば、pHは

pH = – log10 (1.0 × 10-2 )

よって、pH = 2となる。

水のイオン積とpH 

H+の濃度と、OH-の濃度を掛けたものは1.0×10-14(mol/L)2であり、これを水のイオン積と呼ぶ。温度が一定ならばこの値は変化しない。これを利用して、OH-の濃度からpHを求めることができる。

例題

[OH-] = 1.0 × 10-2 

という濃度であったならば、

水のイオン積は下の式で求めることができるので代入すると、

イオン積

 
[H+]×1.0 × 10-2 1.0×10-14(mol/L)2

[H+] = 1.0×10-12 mol/L

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*