中和と塩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中和

中和とは酸と塩基の反応である。酸のH+を塩基が受け取る。酸のH+と塩基のOH-が反応してH2Oになる場合が多いが、例外もある。

中和

中和
塩酸とアンモニアの中和では水は発生しないhttp://ic.galegroup.com/

塩(えん)

酸の陰イオンと、塩基の陽イオンがイオン結合した物質をと呼ぶ。大抵のイオン結合性物質は中和によって生じた塩である。

CuSO4
硫酸銅CuSO4は硫酸と水酸化銅の中和反応によってできた塩である。

塩の種類

中和反応しても、塩の中にHが残っていたり、OHが残る場合もある。そのような塩には以下の名前がついている。しかし、それらは酸性・中性・塩基性を示すものではないので混乱に注意。

正塩:HもOHも残っていない

NaCl、KNO3

酸性塩:Hが残っている

NaHSO4、NaHCO3

塩基性塩:OHが残っている

MgCl(OH)、CuCl(OH) 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*