酸と塩基の定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

酸と塩基の定義

塩基(水に溶けるものをアルカリと呼ぶ)の定義には、アレニウスの定義ブレンステッドの定義の2種類がある。アレニウスの定義はあくまで水溶液の酸・塩基を定義するものである。しかし、塩酸(酸)、アンモニア(塩基)などは気体としても存在するため、気体同士の反応を酸と塩基として定義することができない。そのため、より広く定義を拡張したのがブレンステッドの定義である。

アレニウスの定義

アレニウス
アレニウスhttp://study.com/

水溶液中で電離して、水と反応し、オキソニウムイオンH3O+を生じる物質

アレニウスの定義
塩基 

水溶液中で電離して、水酸化物イオンOH-を生じる物質

アレニウスの定義

アレニウスの定義によると、NH3も水と反応してOH-を生じるので塩基である。

NH3

ブレンステッドの定義

ブレンステッドローリー

http://www.wikiwand.com/

反応する相手にH+(陽子)を与える物質

ブレンステッド
この場合、HClが酸、H2Oが塩基となるhttp://alikhan3.hubpages.com
塩基

反応する相手からH+(陽子)を受け取る物質 

NH3
NH3はH+を受け取っているので塩基、H2Oは酸となるhttp://www.peoi.org/ 
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*