物質の三態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三態

物質には気体、液体、固体の3つの状態があり、これらの物質の三態と呼ぶ。温度、圧力によって、物質の三態は変化する。

物質の三態
気体
  1. 粒子の間が非常に広く、粒子は自由に運動している(熱運動が激しい)。
  2. 粒子同士の引力は小さい。
  3. 体積・形は一定ではない。
液体
  1. 粒子同士の引力が強く、粒子の間は狭い。
  2. 粒子は比較的自由に運動している(熱運動が激しい)。
  3. 体積は一定であるが、形は一定でない。
固体
  1. 粒子同士の引力が非常に強く、位置が固定されているが、熱運動はしている。
  2. 一定の体積と、一定の形を保つ。

状態変化の名称

三態の変化にはそれぞれ名前が付けられている。

  • 気体→(凝縮)→液体→(凝固)→固体
  • 気体←(蒸発)←液体←(融解)←固体
  • 気体←(昇華)←固体
  • 気体→(昇華)→固体
 ヨウ素の昇華現象。ドライアイス(CO2)も昇華する。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*