エステル:-COO-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルボン酸アルコール脱水縮合によって生成される。カルボン酸からはOH、アルコールからはHが取られる。生体の油脂は、高級脂肪酸グリセリンのエステルである。

1

性質

  1. 水に溶けない。
  2. 分子数の少ないものは芳香がある。
  3. 酸触媒によって加水分解すると、カルボン酸とアルコールが生成される。
  4. 水酸化ナトリウムなどの強塩基水溶液と反応して、塩を生じる。この反応を鹸化と呼ぶ。

2
3.酸触媒下では矢印左向きの反応が起こる。http://blog.livedoor.jp/chemical_star/archives/550023.html
3
4.油脂と水酸化ナトリウムで石けんができる。http://www.cow-soap.co.jp/web/event/whats-sekken/capter01/
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Conyers より:

    For the love of God, keep writing these aritlces.

コメントを残す

*