酢酸エチル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

酢酸とエタノールを脱水縮合して得られるエステル。

構造式

1
CH3COOC2H5

性質

  1. 極性が高く、水にも僅かに溶ける。
  2. 有機溶媒として使用される。
  3. 水分が多いところでは、加水分解によって酢酸とエーテルに戻る。酸性下ではこの反応がより早く進む。
  4. 強塩基性水溶液下では鹸化によって加水分解され、塩とアルコールを生成する。

製法

酢酸とエタノールを脱水縮合して生成する。
2
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*