ENJOY CHEMISTRY!!

蟻酸

構造式

1

HCOOH

性質

  1. 無色。
  2. 刺激臭の液体(融点8.4℃)。
  3. アルデヒド基も持っており、還元性を持つ。銀鏡反応は示すが、フェーリング反応は示さない。
  4. 蟻酸が酸化されると炭酸になる。HCOOH + (O) → H2CO3
2
アルデヒド基とカルボキシル基両方を持つ。http://ja.wikibooks.org/wiki/

製法

高圧下で水酸化ナトリウムに一酸化炭素を反応させ、ギ酸ナトリウムをつくり、これを塩酸で分解して得られる。

  1. NaOH + CO → HCOONa(ギ酸ナトリウム)
  2. HCOONa + HCl → HCOOH + NaCl

1 Comment

腕時計ショップ

芸能人の腕時計.com グニェズノ大司教をないがしろにした上シロンスク地方をポーランド王国から独立させたことがポーランド国内で大問題となり、ヴワディスワフ3世は大司教から破門され、神聖ローマ帝国へ亡命して後にフリードリヒ1世の居城で客死した。
1146年、時の大公ヴワディスワフ3世はフリードリヒ・バルバロッサ(のちの神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世)からの援助を得る見返りに、当時の神聖ローマ皇帝ロタール3世に臣従し、これによってシロンスク公領の支配権を得た。
ボレスワフ1世が治めた属領も含めて全てを合わせると西ポモージェ地方も含めた現在のポーランドのほぼ全域、チェコのほぼ全域、スロヴァキアのほぼ全域、オーストリアの一部、ハンガリーの一部、ウクライナ西部の赤ルーシ地方、ベラルーシ(白ルーシ)のブレスト地方、ドイツのラウジッツ地方とマイセン地方となる。
残りのポモージェ地方はポーランド王国の直轄領とし、現地の諸侯に実質的支配を任せた。
これによってシロンスク公領は当地のピャスト家が支配したままポーランド王国からは独立した状態となった。
しかし王国内の各地の諸侯は王権のこれ以上の拡大に危惧を抱いた。
以後もクラクフ大公の位は継続したが、その権威は地に墜ち、ポーランド王国は王位を継ぐものがいないまま、各地の領邦にどんどん分裂していった。
戦争は長引き、王国はどんどん小さな領邦に分裂していった。
行政は、1997年制定の憲法では閣僚評議会(内閣)が「ポーランド共和国の内政及び外交政策を実施する」(第146条1項)、「政府行政を指揮する。
スタイリッシュなラグや6時位置に絶妙に配されたスモールセコンドなど、創業者兼デザイナーであるブルーノ・ベラミッシュ氏の実力が遺憾なく発揮されているのではないでしょうか。
1079年に大公位についたヴワディスワフ2世は国家の統一を画策し、大公の権力強化に反対するグニェズノの大司教と対立して大公支持派と大司教支持派の間で内戦となった。
ジグムント3世が占領中に「ロシア皇帝位にはカトリック教徒のポーランド国王あるいはその王太子のみが就く」という布告を出したことから正教徒であるロシア人との間で宗教的対立を生じ、ロシア保守主義者が一般市民を巻き込んで住民蜂起を起こした。

腕時計ショップ https://www.yutee007.com/

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です