化学のなぜ?を集めました

ピクリン酸が強い酸性を示すのはなぜ?

ニトロ基がベンゼン環の電子を吸引しているから

そもそもフェノールが酸性なのは、フェノールのOの電子がベンゼン環に流れ込むことによってOが電子不足を起こし、Hから電子を奪ってH+が電離しやすくなるからでしたね。

ピクリン酸(2,4,6-トリニトロフェノール)ニトロ基が3つ結合した物質で、ニトロ基は電子吸引性の性質を持っています。これはニトロ基のNがOに電子を吸引され、Nが電子不足に陥っているためです。

その結果、ベンゼン環からNに電子が流れ込むようになり、ベンゼン環の電子密度が小さくなります。そして、-OHからベンゼン環へさらに電子が流入するようになり、H+が電離しやすくなって酸性が強くなります。

ピクリン酸はTNTよりも爆発力が大きいヤバい物質だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です