化学のなぜ?を集めました

なぜ原子量(相対質量)の基準が炭素12(12C)になったの?

物理学会と化学学会が妥協し合って12Cを基準とした

1865年、ベルギーのスタスは酸素を基準としてO=16とすることを提唱しました。しかし、20世紀に入って、酸素には16O、17O、18Oといった同位体が存在することが発見されました。

化学学会では、この3つのOの同位体の混合物の相対質量を16とした原子量(化学原子量)を使用しました。しかし、物理学会は、個々の同位体の質量を厳密に比較する必要性があったので、16O=16を基準とした原子量(物理原子量)を使用するようになりました。

化学学会16C、17C、18Cの混合物の相対質量 = 16
物理学会16Cの相対質量 = 16

流石に基準が2つあると不便すぎるので、1960年に統一しようとする動きが出てきました。そこでなるべく両者に影響を与えないようにするために、基準に12Cが選ばれました。16O=16を採用すると、化学界では化学原子量が0.027%ずれるのに対し、12C=12では0.0043%ほどのずれしか生じないのが理由でした。

1種の同位体の質量を基準とすることは、物理学会の主張が取り入れられ、なるべく数値の差がでないようにするという点では、化学学会の主張が取り入れられました。12Cが採用されたのは妥協の結果だったわけです。

統一ルールができて本当に良かった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です