ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホルムアルデヒド

構造式
ホルムアルデヒド
性質
  1. 無色
  2. 刺激臭の気体
  3. 酸化されると蟻酸HCOOHを生じる
  4. 水に溶けやすく、37%水溶液はホルマリンと呼ばれる。
  5. ホルマリンは生物標本の保存液や合成樹脂の原料となる。
製法

メタノールを酸化すると得られる。

アルデヒド

アセトアルデヒド

構造式
アセトアルデヒド
性質
  1. 無色
  2. 刺激臭の液体(沸点20℃)
  3. 参加されると酢酸CH3COOHを生じる
  4. ヨードホルム反応を示す。
  5. 化学薬品の原料となる。
製法

エタノールを酸化すると得られる。

アセトアルデヒド

または、エチレンを酸化すると得られる。

アセトアルデヒド
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*