ENJOY CHEMISTRY!!

合成高分子化合物の種類と性質

合成高分子化合物とは

合成樹脂(プラスチック)、合成ゴム、合成繊維合成高分子化合物と呼ばれる。それらの物質はモノマー(単量体)と呼ばれる物質が、多く結合(重合)して形成されているポリマー(重量体)である。重合体中の繰り返しの単位の数を重合度と呼ぶ。

https://www.quora.com/

合成高分子化合物は、様々な形状に加工され、多くの用途がある。

https://byjus.com/

重合の種類

重合には縮合重合付加重合がある。縮合重合は、官能基の間から簡単な分子が取り除かれて単量体が結合していく結合である。

http://chemed.chem.purdue.edu/

よくある縮合としては脱水縮合(下画像)などがある。

https://www.quora.com/

付加重合は二重結合などが開くことによって、単量体同士が結合し重合していく。

https://www.pinterest.jp/

合成高分子化合物の性質

合成高分子化合物は、分子が規則正しく並んだ結晶領域と、不規則に並んだ非晶領域が混在している。

https://ja.wikibooks.org/

一点の融点を持っておらず、加熱すると軟化する性質を持っている。軟化する温度を軟化点(ガラス転移点)と呼ぶ。

https://www.yumoto.jp/

合成高分子化合物は、1つ1つ分子量が異なっていたり、重合度が違っていたりするため、分子量は平均値を使用する。これを平均分子量と呼ぶ。また、重合度も同様に平均重合度を使う。

https://www.britishplastics.co.uk/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です