化学のなぜ?を集めました

なぜ銀イオンAg+は水酸化物イオンOH-と反応すると水酸化銀AgOHにならずに酸化銀Ag2Oになるの?

水酸化銀を形成するけどすぐに酸化銀に変化してしまう

銅イオンCu2+水酸化物イオンOHと反応して水酸化銅Cu(OH)2の沈殿を生じますが、銀イオンAg+水酸化物イオンOHと反応すると酸化銀Ag2Oの沈殿を生じます。これはなぜしょう。

Cu2+ + 2OH → Cu(OH)2

2Ag+ + 2OH → Ag2O + H2O

実は、銀イオンも水酸化物イオンと反応して水酸化銀AgOHを生じます。しかし、水酸化銀はすぐに酸化銀Ag2Oに変化してしまうのです。

反応機構を見ていきましょう。

2AgOH → Ag2O + H2O

Agは電気陰性度(電子を引っ張る力)が高く、Ag-O間ではそこまで極性が大きくなりません。その結果、O-H間の極性が大きくなり、他のAgOHと水素結合を形成します。

そしてH+の移動が起こり、水H2Oが脱離します。残されたAg+AgOと結合してAg2Oになります。

ちなみに銀は電気陰性度が高いから分極しなくて化合物は殆ど沈殿するよ。電気陰性度の高さが銀の色んな性質に関わっているんだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です