化学のなぜ?を集めました

ポリペプチドとタンパク質の違いとは?

アミノ酸が10個以上だとポリペプチド、100個以上だとタンパク質

アミノ酸が10個以上縮合したものをポリペプチドと呼びます。また、アミノ酸が100個以上縮合したものを一般的にタンパク質と呼びます。

しかし、タンパク質の定義は非常に曖昧で、インスリンなどはアミノ酸が50個程度しかありませんが、特有の機能(ホルモンとしての機能)を持っているのでタンパク質として扱います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です