銅イオンと銀イオンの反応まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cu2+とAg+の様々な反応

水酸化物や硫化物の沈殿を生じるほかに、Cu2+とAg+は様々な沈殿を生じたり、錯イオンを形成したりする。次の反応を覚えておく必要があるだろう。

http://www.geocities.jp/

Cu2+の反応

Cu2+ にNaOH→Cu(OH)2

Cu2+ にNaOHを加えると青白色のCu(OH)2が得られる。

CuOH2

http://www.liveinternet.ru/

Cu(OH)2を加熱→CuO

Cu(OH)2を加熱すると黒色のCuOが得られる。

http://www.reade.com/

Cu2+ にNH3→Cu(OH)2

Cu2+ にNH3を加えると青白色のCu(OH)2が得られる。

CuOH2

http://www.liveinternet.ru/

Cu(OH)2にさらにNH3→[Cu(NH3)4]2+

Cu(OH)2にさらにNH3を加えると、深青色の[Cu(NH3)4]2+が得られる。

Cu(NH3)4(OH)2

https://commons.wikimedia.org/

Cu2+にH2S→CuS

Cu2+にH2Sを通じると、黒色のCuSが得られる。

http://www.wikiwand.com/

Ag+の反応

Ag+にNH3→Ag2O

Ag+にNH3を少量加えると、褐色のAg2Oが得られる。

Ag2O

 http://www.saltlakemetals.com/

Ag2OにさらにNH3→[Ag(NH3)2]+

Ag2OにさらにNH3を多量に加えると、無色の[Ag(NH3)2]+が得られる。

https://cooljargon.com/

Ag+にNaOH→Ag2O

Ag+にNaOHを加えると、褐色のAg2Oが得られる。

Ag2O

http://www.saltlakemetals.com/

Ag+にCl→AgCl

Ag+にClを加えると、白色のAgClが得られる。

AgClにNH3→[Ag(NH3)]+

AgClにNH3を多量に加えると無色の[Ag(NH3)]+が得られる。

http://fphoto.photoshelter.com/

AgClにNa2S2O3→[Ag(S2O3)2]3-

AgClにNa2S2O3(チオ硫酸ナトリウム)を加えると、無色の[Ag(S2O3)2]3-(ビス(チオスルファト)銀(Ⅰ)酸イオン)が得られる。Ag2Oについても同様の反応が起こる。

 

Ag+にH2S→AgS

Ag+にH2Sを加えると、黒色のAgSが得られる。

https://archives.library.illinois.edu/

Ag+にKCN→AgCN

Ag+にKCN(シアン化カリウム、別名青酸カリ)を少量加えると、白色のAgCNが得られる。

http://www.siyaku.com/

AgCNに多量のKCN→[Ag(CN)2]

AgCNに多量のKCNを加えると、無色の[Ag(CN)2](ジシアニド銀(Ⅰ)酸イオン)が得られる。流石に実験画像が見つからなかった。下画像はKCN。

https://ja.wikipedia.org/

Ag+にK2CrO4→Ag2CrO4

Ag+にK2CrO4(クロム酸カリウム)を加えると、赤褐色のAg2CrO4(クロム酸銀)が得られる。

http://fphoto.photoshelter.com/

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*